調理部門:シェフ
メニュー作成から運営まで
食に関わる全てを演出
2015年キャリア採用
お客様のことを一番に考えて
料理上手だった母の影響もあり、この道へ。ホテルや有名店でフレンチの経験を積み渡仏、帰国後はシェフとして多様な仕事に取り組んできました。「お客様のことを一番に考えたい」との思いからレストランにこだわり、ラ・スイート神戸オーシャンズガーデンの開業に合わせて入社。料理長として、メニュー作成、新作開発、企画、運営、後進の指導等に当たっています。「出来たての料理を提供できる」それがレストランの魅力です。
持てる全てを後進に渡したい
料理人としての転機は27、8歳頃のこと。有名店に移り、周囲のスマートな動きに目を見張りました。「10年分くらいの差」を感じ、そこからは必死に。フレンチの巨匠ロブションやデュカス各氏らの薫陶も受け、様々なことに興味や疑問を持って日々を過ごすようになりました。目標はキャリアを終えたときに「頑張ったな」と思えるようにすること。周囲の助けや導きがあってやってこられたので、これからは後進を育て、自分が持っている技術全てを渡していきたいですね。